付属している特典目的または保有しているのみで値打ちのあるクレカならいいが持っている利益も存在しないし、年会費も生じるようなクレジットカードをもし持って放ってあるのであったらそれは解約しておいたほうがよりよいでしょう。その目的とはカードを所持している事によって、後で言うジャンルのデメリットが生じてしまうリスクが否めないという事由でです。必要ないクレカ年会費用生じてきてしまう可能性が否めない■クレカという物は持っているだけでも年会費用といったような支払わなければいけない料金が発生する種類があるのです。こういうカードの例の場合、1年間をひっくるめても一度も用いることがなかった事例にもかかわらず無駄な年会費が必要になってしまう事もあるという根拠で、利用しないカードを家に置き、忘れるという現象自体が多くの損になります。当然ではありますが解約をした後は無駄な会費の発生の可能性はなくなるので、不要なクレカはすぐに返却してしまうという方がいいと説明できると思われます。その上、会費が無料のクレジットカードの中にもクレカを使用しないと費用がかかるといった類の契約項目が説明されている物もあったりするので注意した方がいいです。