乗用車の全損とは名称が示すとおり車の全機能が故障してしまう状態で結論として走ることが出来ないというような移動手段の車として役割を満たせなくなった状態で判断されますが自動車の保険で定義されている【全損】は多少なりとも違った内容があったりします。車の保険の場合では自動車が損害を受けた状況で《全損と分損》という2つの結果に分けられ、《分損》は修復のお金が補償金でおさまる場合を表しそれとは逆に《全損》とは修復費が補償金の額を上回る状況を言い表します。普通の場合、車の修理で【全損】という場面では車の心臓、エンジンに取り返しのつかない打撃が起きたり骨組みが変形して修繕が無理な場合、リユースか処分にするのが常識です。しかしながら、自動車の事故の後にお店や自動車の保険会社がこのような修復のお金を計算した時に、どれほど見た感じが綺麗で修復が可能である状態でも修理費が補償額よりも大きくてはそもそもなんで自動車の保険にお金を払っているのか分からなくなってしまいます。こういった場面では、【全損】として自動車の所有権を自動車の保険屋さんに譲って保険額を負担してもらうことになっています。もちろん長年運転したマイカーで未練があり自分のポケットマネーで直してでも乗り続けたいというひとはかなりいるので状態において自動車の保険屋さんと話すといいでしょう。また、自動車保険ではそういった場合を想定して車両全損時諸費用補償特約などの【全損】時のための特約ついている状況が存在し、予期せずマイカーが全損となった場合でも新しく車を買う代金を一部負担してくれる時も実在します。そして盗難時保険額の特約をつけている場合被害にあった愛車が発見されない場面でも【全損】とされ、補償される決まりになっています。