1.クレジットカードといえば海外旅行傷害保険■年ごとの会費が無料ではないカードのほとんどは、よく知られている海外旅行傷害保険が入っています。東京美容外科

どのような付属保険かというとその名前の通り、国外旅行に行っている際に保障してくれる旅行保険を言い国外で交通事故にぶつかった場合や入院してしまった場合に、損失額(医療費、およびそれに類する費用)をクレジットカード会社が肩代わりしてくれるという有り難いものです。SanCity(サンシティ)

頻繁に海外に行くことがないというカードホルダーにしてみればサービスを受けるようなこともあまりないだろうが海外旅行に一度行ったら長期になるのが普通という方であればこのような保険に入っていてよかった・・・と胸をなでおろすことがあるかもしれません。ライザップ 小倉

ただ、カードのマークやブランド等の差で海外旅行傷害保険のサービスはいろいろあります。レイチェルワイン ミネラルメイクアップ

利用方法や家族適用の可不可等、クレジットカードにより千差万別なので、海外に行く場合には前もって十分に比較調査するとよいでしょう。アヤナスBBクリーム

2.国内の旅行も力になるカード●国内旅行者傷害保険は海外旅行傷害保険と同様で、国内旅行中に予期せぬ怪我や費用が発生したら、その時の医療費を支払ってくれる助けになる傷害保険のことを言います。カーテンファクトリー

海外旅行者保険と比べて保険範囲の要求が比較的厳しいが不慮の傷害や不慣れな土地での入院等の場合でもクレジットカードユーザーの心の支えとなるものだから旅行オタクの人には右腕となる保障と言えるでしょう。KM新宿クリニック

ただ、加入費用および更新費用がそんなに多くを必要としないクレカの契約だと、国内旅行者傷害保険がないこともままあります。Lens King(レンズキング)

国内出張等にたびたび行くというのなら、他社より高くなっても国内旅行傷害保険が付いているクレカを検討するようにお勧めします。パーフェクトフロアーズ

ライザップ 汐留