クルマを買い取ってもらう際や、それから売却時も印鑑証明書がなければなりません。

それではこの印鑑証明について説明していきます。

印鑑証明というのはある印鑑が実印として認められていることを実証する目的のものです。

これがないと、使っている印鑑が実印として効力を持つかどうかがわかりません。

大きなお金が動く取引になる車の売買なので実印が必要になることになりますが、その時に印鑑証明が出てきます。

役所で印鑑証明を実際に発行するにはあらかじめ印鑑証明の手続きをする必要があります。

印鑑証明書に登録する印は実印といい、この世に一つだけのハンコである必要があります。

実印を準備して、自分が住む役場の担当部署に行くことで印鑑登録の手続きができます。

手続きが済むと印鑑登録カードが発行され、そのハンコは実印ということになります。

印鑑証明を交付してもらうには市町村役場の窓口へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書いて、印鑑登録カードを出すだけです。

他にも自動交付機でも印鑑証明書を発行する事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

ですからいつ取得した印鑑証明でもその効力は消えないことになります。

しかしながら、車買取の際は、印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

基本的には有効期限などはありませんが、車両の買い取り時には買取先が有効期限を設定していますので、もしも所有車の買取を検討しているなら、事前に手元に置いておくとよいでしょう。