民事再生という選択は住宅のローンもある重債務に苦しむ方々をターゲットとして住宅を維持しています。75-20-110

そして金銭的に再生するための法的機関による謝金の整理の方法として平成12年11月に適用されたルールです。75-10-110

民事再生には、破産手続きとは異なり免責不許可事由はないために、ギャンブルなどで借金を作ったようなときでもこの方法は選択可能です。75-14-110

破産申告をしてしまうと業務できなくなる免許で仕事をしているような人でも民事再生手続きは可能になります。75-11-110

破産申告では、住宅を手放さないわけにはいきません。75-8-110

またその他の選択肢では、借金の元金は戻していかなくてはなりませんのでマンション等のローンを含めて返済をしていくことは実際問題として難しいと思われます。75-12-110

でも、民事再生という処理を取れれば住宅ローンのほかの負債については相当な減らすこともできます。75-16-110

住宅ローンを返しながらそのほかの負債を支払っていくようなこともできるといえます。75-4-110

でも、民事再生という手段は任意整理による処理特定調停といった方法と異なって一部分の債務だけを省いて処理していくことは許されていませんし、破産手続きにおいてのように借金自体が消えてしまうのではありません。75-5-110

また、別の解決手順に比べ手続きの方法がめんどうで手間が必要ですので、住宅のためのローンがあり住居を手放せない状況などを除外して、破産手続き等といったそれ以外の整理方法がない時の最後に考える解決方法として考えていた方がいいでしょう。75-19-110